土のぬくもりと造る楽しさ、変化する釉の驚きに魅せられて20数年、すっかり陶芸のとりこになってしまいました。
釉のように、時と共に変化してきた人生で、ずっと変わらずに『造ること』を続けてこられたのはとても幸せなこと。
関わってくださったたくさんの方々と家族に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも感性のアンテナを何本も立てて、時には仲間と、時には一人で『造ること』を楽しんでいきたいと思っています。
このHPはアトリエクアトロチカの歩みと現在の活動、私の作品等の発表の場として作りました。
もの作りを通して感じる喜びを少しでも伝えることができたら嬉しいです。.

村上 理恵子